スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

君の欠片   C-side 2

2009年10月03日 00:21

会った時の話と再会した時の間の話。
えちぃのはまだないです・・すみません・・。


あと飛びまくってすみません。
次は時系列でいける・・・と思います。

前回はやきそばパンを投げるカガリが書きたくて・・。













「ゴメン。好きな人・・・は、いるから。」


初めて告白というものをされたのはクラス替えする直前の中学1年生の3学期。
クラスで一番仲が良かった男子だった。
いつも昼休みの男子バスケに混ぜてくれて気の合うヤツだった。

・・・想いが返せず、罪悪感の方が大きくて・・。
しかも友達という関係にももう戻れなくて2年になってからはクラスも分かれ、話も出来なくなった。
キラに相談したら、仕方がないんじゃない?と言われたけど・・・仕方がないけれど・・・やっぱり悲しかった。
そんな風になるくらいなら、始めからバラしておけばへんな期待されなくていいかなと思ったけども・・その時、彼には誰なんだと聞かれはしなかったけど、何故か瞬く間に噂が広がって、友達に『誰が好きなのか』直接話さないといけない状況になった。まあ後にも先にも告白なんてこれっきりだと思っていたし、アスランの話をした。


しかし・・世の中に物好きは多くてなんど凹んだかわからない・・。
確かに戻ってくるかどうかもわからない男をずっと好きでいるのは無理だろうと思われるのは当然だが、他に綺麗な子はいっぱいいるし・・、部活に忙しくてデートなど出来ないし、そもそも華やかにしている女友達の気はまったくもってしれない自分なのだ。過剰に期待されても恋愛方面は添えない自信がある。

と妙な自負をしてるわよねとカガリとは小学校の頃からずううっと同じクラスというくされ縁のミリアリアに言われていたりして頷いているカガリだが、物凄く恋愛に縁遠そうで疎そうにそう思っているのはカガリだけで、女子にしては長身でスラリとしたカガリは男女共に人目に惹かれ、多感なその年にそのまっすぐで裏のない性格はクラスメイトから好かれていた。
しかも小学校の時のようにジャージならともかく、制服に変わってから強制的にスカートをはかざるえなくなり、体型も女らしく変化してくところで男子にはひそかに人気があったのだ。

まったく可愛いものに興味を示さないカガリにこぞって遊ぶのは女子で・・あと自分の好きな人を取ったりしないだろうところとかがポイントも高く、学校の旅行はいつもなんだかんだと遊ばれて・・でも似合うからまた面白いのだと褒められる。

そんな周りの気持ちを露もも知らず、残念ながら本人の興味も性格はまったくもって小学校のころと変わらないのだ。
恋愛よりも体力づくり。
夢は父親の手伝いが出来る事。










「(・・いつごろ気づいたんだっけ。)」


アスランが好きって思ったのは。
ふとカガリは考える。

・・・野球をやめなきゃいけなかったときだろうか。


練習をしすぎて肩を壊しかけて・・、男子と女子の差が出始めて・・・。
どうにもならないことに泣いていた。


・・その頃にはアイツが教えてくれた左打ちが出来るようになっていて。


投げる事はしてはいけなかったけど、泣きながらバッティングセンターには通った。
その時いつもアスランを思い出してた。



だから、最後の試合の時笑えたのは、彼のおかげだと思う。



1点差で負けていて、その時の代打で出たのだ。
5回から完全に抑えられていて、チームはヒットを打てずにいた。
9回裏の自チームの一人目で代打。
とにかく出塁しないといけない。

バッターボックスに入るとき、バッティングセンターに行ったときに何度も思い返していたためか・・アスランに言われた説教が次々浮かんで・・笑えたし、落ち着いた。
来たものを何でも打ってるんじゃない、とか。



選んで当てたボールは甘く入ったカーブ。
ベンチでみていたとき二球目は必ず変化球っぽいのを投げていた気がしたから。
タイミングを合わせて打ったボールは定位置ショート右前へ、


でも、足には自身があったし、左打ちの一歩分一塁に近いから・・



・・・・・内野安打になった。




そのあとチームメイトが打ってくれて同点のランナーになることが出来て、そしてもう一点チームが入れてくれて・・。



勝ち試合で最後を締めくくれた。
笑って終えられた。





アスランにそのことを話したくて、でもいなくて・・。
寂しく思って・・・。また泣きたくなって・・。


そして好きなのかなって思ったんだ。




・・・今はテニスをしているけれど、ラケット持ち替えて両手打ちが出来るのもアスランのおかげで。
冷静になろうと思いつつ、試合前にいい感じにテンションが上がってくるのもいい。




今でも自然に思い返して、プラスの気持ちになるから

好きって気持ちっていいなって思う。



だからこそ告白されると凹むのだが。
自分もそうだったら辛いと思う分。

むしろその可能性のほうが大きい分。








・・・でも会えたらおもいっきり喜んでやろうって、


たくさん、話が出来たらいいなと思う。














*****


・・・カガリのほうがオトコマエなエピソードとなりました・・。
(爆)













コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://juicysiru.blog72.fc2.com/tb.php/75-f3dc4d65
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。